日曜日, 3月 03, 2013

ブラック心理学 〜癖やしぐさで心を見抜く〜74の行動心理


ブラック心理学 〜癖やしぐさで心を見抜く〜74の行動心理







普段何気なくやっている「人の仕草」には、隠された深層心理があります。そんな仕草に隠された深層心理についてまとめてみました。

 

 

癖や仕草に人の心理が現れる理由



人間の行動は自分で認識できている部分は2割り程度で、他の8割りは無意識下にある深層心理の欲求や願望によって支配されています。そのため潜在意識にある本音や本心、考えている事は必ず本人の知らないうちに体のどこかにジェスチャーやポーズとして現れます。

このジェスチャーやポーズが「癖やしぐさ」。

つまり何も考えていない時に自然と出る行動、癖やしぐさにはその人の「本当の姿」が現れるのです。





▷よく鼻を触る人は、『ウソをついている』

嘘をついているサイン。
情緒不安定なときに出るしぐさです。
引用:http://goo.gl/llUBM










▷飲み物を飲む時に小指を立てる人は、『注目されることが好き』

→ 人から注目されることが好き
→ 女性的な部分が強い
男の視点によって創られた女らしさの演出の形といわれるため、男性がやった ら内面が女性的、女性がやったらより女性的だとか。
引用:http://goo.gl/lFGmT







▷飲み物のカップを両手で持つ人は、『頑固者』

このポーズには「自分の領域に立ち入らないで」という隠れたメッセージがあり、無理に打ち解けようとしない方が得策です。時間をかけて自然と親しく なりましょう。
引用:http://goo.gl/RBrCS









▷女性の首を傾げるしぐさは、『脈ありサイン』

彼氏が、「これから何しよっか」と訊ねて、彼女が「どうしたい?」と小首を傾げながら聞き返す場面などがよくあるケースです。 この時の女性心理は、信頼感や甘えがあり、相手に何かを求めたりおねだりしている様子が伺えます。男性からの 誘いに乗ってあげてもいいかなという気持ちが小首をかしげるしぐさに表れているのです。 引用:http://goo.gl/PPfbz






▷女性が相手を見つめる場合は、『相手に好意を持っている』

女性が相手を見つめる場合、嘘をついているとばかりではなく、『OKサイン』のことの方が多い。これを『アイコンタクト』つまり心理学的に『視線交 錯行動』と呼び好意からあなたを見つめることですね。普通はこのように、好きな相手には視線交錯行動が多く見られ、嫌いな相手にはこの行動は控えられるし 目をそらす。 
引用:http://goo.gl/AIz04










▷髪を指に巻きつける人は、『自己中心的で甘えん坊』

女性の中には、よく指を巻きつけたり、なでたりする人がいます。こういう人は自己中心的で甘えん坊タイプと言われています。
引用:http://goo.gl/eDoB8









▷髪を引っ張る人は、『もっと頑張ろうと思っている』

髪の毛を引っ張るのは自分に対する攻撃行動で、その深層心理は、自分や自分の行動を肯定的にとらえることができず、「もっと頑張らなくちゃ」と自身 に罰を与えていると考えられます。
引用:http://goo.gl/QOzOv








▷舌を出す人は、『好意の表れ』

好意の表れです。
ただし、明らかに敵対している相手や同性相手の場合は、「私は、あなたに弱い部分を見せても、ど~ってことないのよ!!」 という ”余裕・挑発” の意味があります。
引用:http://goo.gl/FK4iV









▷頬を撫でている人は、『緊張を解きほぐしている』

緊張を解きほぐしたい時。早く落ち着きたい心理が働くと、このしぐさが出やすいようです。他に頭をなでたりするのも同じような心理状態。
引用:http://goo.gl/CPV26










▷口に運ぶ食べ物を確認する人は、『ストーカーになりやすい』

「口に運ぶ食べ物を確認する」人は、ストーカーになりやすいという説も。口に入れ、自分と一体化する物を最後まで観察する執着は、他人を自分のもの だと認識してしまうタイプが多いという
引用:http://goo.gl/qXAhm









▷よく目線を合わせる人は、『落ち着かない寂しがり屋』

目線を合わそうとする人は、誰かと一緒にいたい「親和欲求」が強いタイプとされる。恋人同士でもない限り、通常の会話では相手の目や顔に目線をおく る時間は、全時間の30~60%程度。長時間目線を合わせている人は、自分の周りに人がいないと落ち着かない寂しがり屋といえそうだ。
引用:http://goo.gl/KiyfU







▷「要するに」が口癖の人は、『仕切り屋タイプ』

「つまり」「ようするに」この言葉が口癖の人は、物事をまとめるのが好きな仕切り屋タイプだが、ともすると自分の言いたい結論に強引に結びつける自 己中心的な面がある。
出典:『しぐさでわかるビジネス心理学』









▷携帯を手放さない人は、『人間関係に怯えている』

相手と普段から信頼し合っている関係なら、連絡がなくても人間関係は揺るがないし、寂しい気もしないはず。だから、携帯電話を使う頻度が高い人には 人間関係に不安を抱えている、もしくは苦手意識のある人が多い。
引用:http://goo.gl/3g7lW









▷話をしながら携帯を見ている人は、『飽きた…と思っている』

話を聞きながら、
・飲み物のストローを常にいじっている
・携帯電話を見ている
・アチコチ見ている
という行動をした 場合、「そろそろ飽きた・・・」というサインの1つ。
引用:http://goo.gl/LNUOc







▷腕組みしている人は、『話を聞き入れていない』

もし相手が腕組みをしたり、背中をイスにつけて反りながら聞いている場合、
・話を聞き入れていない
・敵対視
・警戒している
ことがほとんどです。
引用:http://goo.gl/IexrB







▷背中を丸めて腕組みしている人は、『不安を感じている』

自分の体を抱きしめるように背中を丸めて深く腕組みしている際は、不安や緊張、悲しみを感じ、それを耐えていることを表します。相手がこの姿勢を とったら、笑顔を見せたり、手を開くなどのしぐさをして相手を受け入れていることを示しましょう。
引用:http://goo.gl/4Z7A0









▷手元にある物を弄んでいる人は、『現状に不満を感じている』

人と話をしながら、手元にあるペンや紙など、目の前にある物を弄ぶ人というのは、現状に不満を感じていたり、批判的な考えを持っていることが多いよ うです。今の状況に退屈やイライラを感じていることから、指先を動かすことで不満を抑えようとする。貧乏揺すりをしている時と同じ心理だと言えるでしょう。
引用:http://goo.gl/3uUYy







▷鼻の下を人差し指で触る人は、『感情表現が苦手』

話をしながら人差し指で鼻の下をさわる人
感情表現が苦手で、心の内を知られるのが嫌だというこのタイプ
引用:http://goo.gl/fW6cw










▷机を小刻みに指で叩く人は、『話を切り上げたいと思っている』

小刻みにテーブルを指で叩くのは早く話を切り上げてほしいという合図。妨害の意志が無意識に手の動きに出てしまう
引用:http://goo.gl/e03Xz










▷ポケットに手をいれる人は、『自分は優れていると思っている』

自分は優れていると思っているか、そう思わせたいタイプ。どちらにしろ、おだてや褒められることに弱いタイプです。
引用:http://goo.gl/XnJyv










▷背筋が伸びている男は、『前向き』














人生を前向きに考え、チャレンジ精神の旺盛な人は、肩も自然と後ろへ引かれ、背筋もピンと伸びているものです。ピンと張り詰めた背筋は、いまにも獲 物に向かって飛かかっていこうとする戦闘態勢のあらわれです。こういう男は、女性との恋愛でも戦闘モードで臨むため、女性を獲物のように考え、猛烈なアタック精神で挑み、一度や二度の挫折でくじけることはありません。
引用:http://goo.gl/wA6Ml


▷縮こまっている人は、『自分に自信がない』

自分に自信のない人や、プライド意識の低い人は、なぜかいつも下を向いて人と視線を合わさないよう姿勢で歩いています。
引用:http://goo.gl/GKIHG











▷相手と同じ行動する人は、『相手に好意を持っている』

相手に好意を持っています。相手の動きと同調することによって、同じ体験をしたい心理があります。
引用:http://goo.gl/SbD6K










▷あごをさする人は、『自分の立場が上だと思っている』

あごを触ったりあごを突き出すのは高慢な態度、自分の立場が上だと思っている人男性上司などに多い態度、癖です。
引用:http://goo.gl/1Bl70











▷左右対称の姿勢の人は、『相手にきちんと見られたがっている』

緊張していること、相手にきちんと見られようとしていることを表します。
引用:http://goo.gl/e4kaG

























▷前傾姿勢の人は、『相手の話に興味がある』

前傾は相手の発言を受け入れる姿勢、そして『話をしたい』という欲求
引用:http://goo.gl/ATaLn










▷後傾姿勢の人は、『相手の話に興味がない』

体が後ろに傾いた姿勢というのは、後傾は相手の発言を受け入れない、もしくは話に興味がない場合が多い。
引用:http://goo.gl/wRxKV












▷口を手で隠す人は、『自分の言葉を隠そうとする意識の表れ』

自分の発した言葉を隠そうとする意識の表れ。手を口の前に置くことで顔が隠れて、表情は読まれづらい。本心を読まれないようにするというのが、この しぐさの裏にある心理。
引用:http://goo.gl/xPz7f











▷話しているときに目をこする人は、『ごまかしている』

目をこするといったしぐさも、ごまかしのサインです。話しているときに口を手で覆うという動作もよく見ますが、その場合も自分の意志に対して自信が ない、嘘を言っているという可能性があります。
引用:http://goo.gl/5kdTk









▷眉毛をよくさわる人は、『疑ったり、不愉快になっている』

相手の話を疑ったり、不愉快になったりしたときに無意識に行うしぐさのひとつ。眉というのは、感情の動きが表れやすい部位。何かに興味をもてば眉は 上に動き、嫌な気持ちになれば眉間にシワがよる。また、悲しい気持ちになれば、自然に眉尻は下がる。
引用:http://goo.gl/edXUK








▷問いかけに「え!」と返す人は、『自己評価が低い』

誰かに何かを尋ねられたり頼まれたりすると毎回のように「え!」と、少し驚いたかのように聞き返す癖のある人がいる。この場合の「え!」には、イヤ だ、困った、というニュアンスがある。過去に人間関係でいやな経験をしたことがあるなどして、人間不審に陥っているか、自己評価が低く自信がないからだ。
出典:『しぐさでわかるビジネス心理学』








▷唇を舐めている人は、『強い関心の表れ』

強い関心を持っている表れ
引用:http://goo.gl/iEBjS












▷唇を噛む人は、『攻撃的な欲求を持っている』

攻撃的な欲求を抑えている状況です。唇をかみしめている人を見たら、下手に近づかない方がいいでしょう。
引用:http://goo.gl/ORhwh











▷目がキョロキョロしている人は、『動揺している』

心が動揺している状態
引用:http://goo.gl/XRydQ












▷足を組んでいる人は、『リラックスしているか、拒絶している』

足を組んでいる人は、居心地の良さからリラックスしているか、あるいは何か不安や悩み事、疑念などがある時にも出てくる。また、強くギュッと足を閉 じるようにして組んでいるしぐさや態度は、 周囲からの拒絶や防御、警戒心を示しているサインであることもあります。
引用:http://goo.gl/VYfmH








▷足を手前に引いている人は、『なにか発言しようとしている』

立ち上がろうとしているか、何か発言しようとしているサイン。
引用:http://goo.gl/qqHyZ











▷つま先があなたに向いている人は、『親しくしたいというサイン』

親しくしたいというサイン。興味があることを示している。あなたがどのように考えているかがわからないため素っ気ない対応をしているだけのこと。
引用:http://goo.gl/ipeDw










▷まばたきの回数が多い人は、『緊張している』

まばたきの回数は、脳内の神経伝達物質ドーパミンの活動に関係があるといわれている。緊張が高まることでドーパミンの分泌が増え、それに比例してま ばたきの回数も増える。つまり、緊張の度合いに比例してまばたきする回数が増える。
引用:http://goo.gl/JVEIe








▷ため息をつく人は、『だれかに話を聞いてほしい』

特別気まずいことがあったわけでないのに、彼があなたの前でため息を、、、。これは、「僕の話をきいてほしい」という彼の気持ちの現れです。気にな る彼がため息をついていたら「どうしたの?」と優しく聞いてあげましょう。彼は内心嬉嬉として、あなたに悩みを打ち明けたり自慢話をはじめたりするはずで すよ。
引用:http://goo.gl/RfHvg








▷頬杖をついている人は、『だれかに支えてほしいと思っている』

ほおづえをついている女性は、無意識に誰かに支えてほしいと思っています。
引用:http://goo.gl/UXEtG










▷頭の後ろに手をやる人は、『照れている』

頭の後ろに手をやる。照れた時に行うしぐさ。他人の接近を拒否するといった、警戒心が働いている事も多いです。
引用:http://goo.gl/vlytN










▷返答が妙に詳しいときは、『ウソをついている』

何日も前についての質問にスムーズに詳しく答えることができた場合は、質問されたときに備え、答えの準備をしていた可能性がある。
引用:http://goo.gl/MduHz










▷手を口に持っていく人は、『心を落ち着かせている』

人間は、慣れ親しんだ香りをかいだり、自分の身体の一部に触れると落ち着くという習性があります。
引用:http://goo.gl/Po0Xd










▷独り言が多い人は、『精神の安定を図っている』

独り言が多い人は、自分の「声」の刺激で精神の安定を保っている。中には、独り言を通して、周囲にアピールしている場合もある。
出典:『しぐさでわかるビジネス心理学』









▷爪を噛む人は、『やりたくないことをやらされている』

無意識にに爪を噛んでしまう場合。それは、うまく自分を表現できない歯がゆさや、不安を抱えている時です。また、やりたくないことをやらされている という思いが強い場合にも見られます。
引用:http://goo.gl/bbLiH








▷貧乏揺すりをする人は、『ストレスにさらされている』

なぜ貧乏ゆすりをするのでしょう?それはその人がストレスにさらされていることを示しています。
引用:http://goo.gl/uev4g













▷せかせか歩く人は、『身勝手で攻撃的な性格』

特に男性に多い歩き方。せっかちで、相手にも同じ速さで歩けと言ったり、遅いと文句を言ったり。その歩き方からは身勝手で攻撃的な性格がうかがえま す。特に、女性と一緒にいる時にこのような歩き方をする男性は、相手に対してわがままを通そうとしているのでしょう。
引用:http://goo.gl/0eISl








▷言葉と動作がずれる人は、『主張が真実ではない』

信念を持って発言する人は、その主張を相手に納得してもらいたいので、重要なところでよく頭を上下に動かします。しかし、強調したいところとまった く関係なしに機械的に頭を動かし、言葉のリズムと噛み合っていないときは、その主張が真実ではない可能性があります。
引用:http://goo.gl/8i8WG






▷手のひらを開いて話す人は、『隠しごとをしていない』

解放的な人。「手の内を見せる」の言葉どおり、隠し事ができないフレンドリーな人
引用:http://goo.gl/HLP4t










▷拳を握ったまま会話する人は、『猜疑心が強く用心深い人』

知り合ってずいぶん時間が経っているのに、拳を握ったままあなたと会話する人がいたら、その人は、猜疑心が強く用心深い人かも知れません。
引用:http://goo.gl/kC1mn









▷小声で話す人は、『話に迷っている』

はじめて会った人にどう話を切り出したものか迷うとき、早口で、しかも小声になってしまう傾向があります。
引用:http://goo.gl/Dn4Gq













▷のんびり話す人は、『実はあわてている』

普通に会話しているときに、ある瞬間から急に相手がのんびりした口調で話し始めたら、 それは口調とは逆に、内心かなりあわてていることのサインかもしれない。 ゆっくりした口調になるから、落ち着いてゆったりした気分で話しているように思える。 もちろんそういう場合もありますが、しかし急に話のペースを変えてのんびり話すのは、 時間稼ぎの場合があります。
引用:http://goo.gl/bdVR2


▷好きな人と話している女性は、『声のトーンがワントーン上がる』


男性、女性共に、好きな人の前では声に変化が起こる。これは傍から見て注意深く聞いていれば簡単に判別できる。 女性は好意を持っている男性の前では声がワントーン以上あがる傾向が強い。 ねこなで声だとかぶりっ子だとか言われるこの高くて可愛らしい声ですが、実は男性の本能は この声を聞くとつい反応して興味を示してしまうのだという。
引用:http://goo.gl/sQCiZ


▷3回以上うなずく人は、『話を適当に聞いている』

単にうなずいて聞いてくれているときは、一生懸命聞いている証拠。でも、うなずきが3回を超えると適当にうなずいている可能性大。
引用:http://goo.gl/8dU50









▷机の上の障害物を取り除くしぐさは、『イエスの意思を表す』

■デスクの上の障害物を取り除く
イエスの意思を意味するしぐさです。説得が行き詰って先が見えなくなっても、 相手がこうした仕草をしていることがわかれば、さらに一押し、ふた押しして、一挙に成約まで 持っていける可能性が高い。
引用:http://goo.gl/zvbQk









▷手を机の下に置くことは、『消極的・無関心の表れ』

「手を机の下に置く」ことは、消極的・無関心の表れといえます。ただ、手を机の下に置くことは、緊張しているとも考えられますし、単に礼儀としてそ うしている場合もあります。しかし、例えば話の途中で、それまで机の上においていた手を急に机の下に引っ込めたりしたら、その話に消極的・無関心である可能性があります。
引用:http://goo.gl/lpf2z


▷下を向いている人は、『話すことに退屈している』

人は退屈してきたり気分が落ち込んでくると下を向くことが多くなりますよね。ぼくも当てはまります。なぜかというと目の疲れによることが原因でもあ りますね。たいした労力ではありませんが下を向いた方が目が楽になるそうです。相手をすることに疲れて無意識的に楽を求めてしまっているのです。
引用:http://goo.gl/ODykY







▷付き合いが長いのに、敬語なのは、『あなたを警戒している』

ある程度親しくなっても堅苦しい敬語を使う人は、他人と深く関わることに慎重になるので、今の状態より 親密になるのはかなり時間がかかる。その人のことを知りたいばかりに本人の気持ちを無視するような 行動をとると、その後の関係修復は不可能に近い。
引用:http://goo.gl/NQrfm







 

▷早口の人は、『飽きっぽい性格』

早口の人は、頭が良いだけに、頭の中で結論を得て、地道な検証とか地道な努力を嫌う傾向があって、じっくりと物ごとに取り組み続けるということが苦 手ということにもつながります。
引用:http://goo.gl/xlmmR








▷歯を食いしばる人は、『怒りを我慢している』

*歯をくいしばる
怒りと攻撃を我慢している時によく出る行動らしい。見かけたら近寄らない様にしよう。
引用:http://goo.gl/ya4Kh









▷おかしい話じゃないのに笑う人は、『話をちゃんと聞いていない』

話をちゃんと聞いていないでいやいや付き合っているときの様子ですね。
引用:http://goo.gl/UCNU1










▷机が書類で散らかっている人は、『トラブルに巻き込まれやすい』

大雑把、良く言えば大らかな人。プライベートで付き合うのは楽しい人かもしれないが、ビジネス上では信頼度に欠ける人。詰めが甘くトラブルに巻き込 まれやすい。
引用:http://goo.gl/t8xyS











▷作業中、口が半開きになっている人は、『作業に熱中している』

その作業に熱中しています。自分の弱点をさらけ出している事に気付かないほど集中しています。周囲への警戒心はまったく無くありません。こんな時に 邪魔をしたりすれば、明らかに機嫌を損ねるでしょうね。
引用:http://goo.gl/bxg6M








▷机に写真を置いてる人は、『個性が強い』

個性が強い人。人により評価が違うので注意が必要。協調性に乏しく、個性が強いので、どう付き合うかは自分で判断すること。
引用:http://goo.gl/WA3FT









▷机の上も引き出しもキレイな人は、『融通が効かない』

几帳面な人で仕事ができるので一番最初に親しくしておけば、親切にしてくれる。ただ融通が効かず頑固なところに難がある。心を開いてくれればより一 層手助けしてくれる。
引用:http://goo.gl/0LZeI








▷自分の匂いを嗅ぐ人は、『アイデンティティを確かめている』 

とくに自分の匂いのついたもの、たとえば、脱いだ後のシャツや靴下、パンツなどの匂いを嗅ぐのは、そこに自分の匂いを確認しているのです。
引用:http://goo.gl/gHCRe









▷鏡をよく見る人は、『自分に自信がない』

鏡などに映る自分の姿を注視するしぐさは、自分自身の価値に自信がないこころのあらわれと考えられている。
出典:『図解 しぐさと心理のウラ読み辞典』










▷鼻歌をよくする人は、『好奇心旺盛』

鼻歌をよくする人は好奇心が旺盛、想像力が豊かで色々な事に対し楽観的なので大事な場面では気を付けた方が良い
引用:http://goo.gl/PfUlm










▷足を投げ出す人は、『面倒見のいい親分肌タイプ』

人目を気にしないタイプ。わがままで、威張っていると言う印象を受けますが、結構人を受け入れて、面倒見のいい親分肌タイプ。
引用:http://goo.gl/7WLU8









▷耳を触る人は、『安心感を得たいと思っている』

柔らかい耳たぶを触るしぐさは、安心感を得たい時。相手の話に興味を持っていたり、マザコン・ファザコンである可能性も高い。不快感を示す場合もあ る。
引用:http://goo.gl/Y4O5Q









▷舌打ちには2種類の意味がある

舌打ちは実は相手に向けたものと自分に向けたものでそこに含まれる心情や性格は異なります。相手に向けて行う舌打ちには威嚇と嘲笑の心理が含まれて います。一方で自分に対して舌打ちをする人は、自分に対する期待感に対する失望感を表しています
引用:http://goo.gl/xRDNl







顔の左半分がぎこちない笑顔の人は、『作り笑いをしている』

顔の左半分には、本音や感情が出やすい部分なので作り笑いをしている表れ。笑い顔が、左右対称なら本心で笑っている
引用:http://goo.gl/KzZRE









 ▷目線で心理を見抜く

※左上:過去の体験や景色を思い出している。
※左横:聞いたことのある音楽を聞いている。
※左下:考え事をしている
※右上:イメージを構成している(ウソや作り話)
※右横:創造を働かしてこれから聞く音がどんな音なのかを考えている。
※右下:身体的なイ メージ、体に関すること、体感を思い出したり再現したり。
右利きの人で説明しましたので、左利きの人はこの逆と考えていいそうです
引用:http://goo.gl/tEmeD


 

▷視線を逸らす人は、『ウソをついている』

嘘をついていると、自分の心の内を見透かされるのを恐れて、無意識に相手とのアイコンタクトを避けてしまうのです。逆に本当のことを話していたり、 心外なことを言われて反論したりしているときは、相手に自分の話を聞いてもらいたいわけですから、真正面から相手の顔を見て話します。話をしているとき に、あなたのほうから相手の顔をじっと見てください。ふと視線を落としたり、そらしたりするときは、本当のことを言っていない可能性が高いのです。
引用:http://goo.gl/dqC1O




その他のおすすめ記事

恋愛上手は自然としてる? "ツァイガルニク効果" って何?

何気ないクセやしぐさで分かっちゃう相手の性格や深層心理26 

今すぐ使える読心術・相手の癖やしぐさから心理を読み取る7つの方法

私ってもしかしてメンヘラ!? メンヘラな人の20の特徴

食事中にアソコを見るだけ!男の好意を見抜く心理学テク





【ad】drop.
  • drop.スワロフスキー ドロップ ピアス
  • drop.スワロフスキー ドロップ ピアス
  • drop.スワロフスキー ドロップ ピアス
  • drop.スワロフスキー ドロップ ピアス
  • drop.ハロウィン おばけ×こうもりピアス
  • drop.フレッシュパインピアス
  • drop.スイカピアス
  • drop.フレッシュバナナピアス
  • drop.フラワーピアス(ライトピンク)
  • drop.ダックフェザーピアス
  • drop.スワロフスキー ドロップ フック ピアス
  • drop.スワロフスキー ドロップ フック ピアス
  • drop.ボヘミアンビーズ フリンジ ピアス
  • drop.ターコイズ ピアス スピア
  • drop.スワロフスキードロップピアス
  • drop.恋するフラミンゴ ピアス
  • drop.チェコガラス ドロップ ピアス
  • drop.チェコガラス ドロップ チェーン ピアス
  • drop.チェーン ブレスレット ターコイズ
  • drop.スワロフスキー マーキス ピアス (クリスタルパラダイスシャイン)
  • drop. 京都オパール ピアス 桜色(さくら)
  • drop.大粒 スワロフスキー ピアス(クリスタルライトクローム)
  • drop.大粒 スワロフスキー ピアス(クリスタルライトクローム)
  • drop.ヘマタイト ブレスレット
  • drop.スワロフスキー オーバル ピアス
  • drop.スワロフスキー オーバル ピアス
  • drop.ピアス&ネックレス ギフトボックス ジルコニア フラワー